無権利創作機構 > パブリックドメインについて >

パブリックドメインの日について

国内ではほとんど知られていませんが、1月1日は「パブリックドメインの日」です。
「パブリックドメインの日」は、その名の通り、たくさんの著作物がパブリックドメイン(著作権フリー)になる日です。

解説

著作権法では、著作権が有効な期間は、著作者の死後50年ですが、著作権法第五十七条によれば、この50年は、著作者の死亡した翌年の初めから計算します。
したがって、1月1日には、多くの古い著作物が同時に著作権失効を迎えることになります。そのため、1月1日がパブリックドメインの日なのです。