無権利創作機構 > パブリックドメインについて >

フリーソフトはフリーではない

無料で利用できるソフトウェアであるフリーソフトは、多くの人々の普段の生活や、仕事でのオフィスワークなど、様々な場面で役に立っています。
しかし、一般的にフリーソフトと呼ばれているソフトウェアの多くは、著作権がないというわけではなく、実際には様々な利用制限が設けられていたりします。
ここでは、「フリーソフト」と呼ばれているものの種類と、利用の注意点を説明します。

フリーソフトと呼ばれているが・・・

先に述べたとおり、「フリーソフト」と呼ばれているもののうちで著作権が放棄されているものはごく少数にとどまり、残りの多くは、一定の条件下での利用が無料で、商用や再配布には制限が設けられているものが多くあります。
もしそれを知らずに、そのようなソフトウェアを利用してしまうと、最悪の場合、ソフトウェアの利用規約(海外ではEULAと呼ばれるもの)に違反して違法状態になってしまう可能性もあります。
このような制限を持つソフトウェアは、「フリーソフト」と呼ぶよりは、「条件付き無料ソフト」などと呼んで区別するべきなのですが、現状では、無料で利用できるソフトウェアは全て「フリーソフト」としてひとくくりにされています。
では、一般に「フリーソフト」と呼ばれるものには、どのような利用条件をもつものがあるのでしょうか。

フリーソフトの種類

オープンソースソフトウェア(狭義のフリーソフト)

厳密に「フリーソフト」と呼べるのはこのようなソフトウェアのみです。

「オープンソース」とは、ソースコード(ソフトウェアの設計図のようなもの)が公開されていることをいいます。
ソースコードが公開されていることで、このようなソフトウェアは、改変が可能になり、世界中にの人々がそのソフトウェアに対して自由な改良を行えるようになり、ソフトウェアの利用の幅が大きく広がります。
また、元のソフトウェアの開発元が何らかの理由で開発を中止した場合でも、他の人が残りの開発を行うことができ、将来的にも有望です。
もし、ソフトウェアを選ぶ機会があれば、「オープンソースソフトウェア」を優先することをお勧めします。

・著作権放棄されたソフトウェア(完全なフリーソフト)

皆さんが持つ、「フリー」というイメージに最も近いのがこの種類のソフトウェアです。
別名「パブリックドメインソフトウェア」とも呼ばれ、著作権による利用制限を気にせずに安心して利用することができます。
しかし、このようなソフトウェアはごく少数で、有名なものには「SQLite」がありますが、これ以外に目立って有名なものはありません。
なお、無権利創作機構が運営するきのくにソフトウェアで公開されているソフトウェアは、全て著作権放棄されています。

・再配布時に出典の明記が必要なソフトウェア

「MITライセンス」や「修正BSDライセンス」などの条件下で提供されるソフトウェアがこれにあたります。
このようなソフトウェアは、再配布の際に元の作者の著作権表示や免責事項を明記することが条件ですが、それさえ行えば、改変や商用は自由に行える場合がほとんどです。
一般的なソフトウェアの利用では、ソフトウェアを再配布するようなことはめったにないので、このような利用条件が障壁になる場合はまずありません。

・コピーレフトなソフトウェア

コピーレフトとは、著作権の英語「copy right」のrightが右という意味も持つことから、その逆という意味で、左という意味のleftをあてたものです。
「GPL」をはじめとして数多くの種類の利用条件が存在しますが、どれも利用の自由度は高いといえます。
コピーレフトなソフトウェアの利用条件としては、出典の明記に加え、再配布する場合にフリーソフトとしなければならないなどのいくつかの条件が付きますが、基本的に、改変や商用利用などは可能です。

オープンソースでない無料ソフトウェア

商用や改変などに制限が設けられており、利用目的によっては注意が必要となるソフトウェアです。
企業が作成したソフトウェア、特に、有料ソフトウェアの無料版などに多くみられ、個人が趣味で作成したソフトウェアにもみられます。