無権利創作機構 > パブリックドメインについて >

パブリックドメイン著作物利用の注意点

パブリックドメインの著作物は、利用に著作権の制限を受けないため、幅広い用途に利用できます。
ただし、その利用には、注意が必要な場合もあります。

本当にパブリックドメインなのか

パブリックドメイン著作物の利用で、最も注意すべきなのが、本当にパブリックドメインなのかということです。
はっきりと「著作権を放棄します」と表記されていれば確実なのですが、そうでない場合、とくに、法律で定められた有効期限を過ぎて失効した場合には、それが法的に正しいのかを確認しておく必要があります。

有効期限を過ぎて失効した場合

著作権法が定める、著作権の有効期限は、基本的には作者の死後50年です。しかし、これには多くの例外があり、特に、団体名義の著作物や、映画・アニメーションなどは、50年が経過しても著作権が有効であると判断される場合が多くあり、このようなものを個人的な判断でパブリックドメインとみなすのは危険です。

また、明らかにパブリックドメインであるものでも、最近別の人によって改変された版は、改変者の著作権が及びます。
たとえば、100年前の曲を編曲して作られた曲には、編曲者の著作権があります。

ですから、有効期限を過ぎて失効した著作物の利用に関しては、法律関係に詳しい方と事前に相談しておくべきでしょう。

「フリーソフト」はフリーではない

一般に、「フリーソフト」と呼ばれるもののほとんどは、パブリックドメインではありません。
これについては、「フリーソフト」はフリーではない をご覧ください。

関連コンテンツ

パブリックドメイン(著作権フリー)の意味
パブリックドメインと複製・転載
パブリックドメインと商用利用
フリーソフトはフリーではない