無権利創作機構 > パブリックドメインについて >

パブリックドメイン(著作権フリー)の意味

パブリックドメイン
パブリックドメイン(別名:著作権フリー)とは、著作権などの知的財産権が放棄されるか、法律で定められた有効期限を過ぎて失効して、誰のものでもなくなった状態を指します。

一般に「パブリックドメイン」というと、著作権について使用されることが多いようです。そのため、ここでは著作権におけるパブリックドメインについて説明していきます。

著作権のパブリックドメイン

著作物がパブリックドメインとなる条件は2つあります。
1つ目は、著作権放棄された場合、2つ目は、法律が定める有効期限を過ぎて著作権が失効した場合です。
どちらの場合も、パブリックドメインとなったコンテンツは、転載や改変、商用利用などについて、著作権による制約を受けることはありません。

著作権放棄された場合

著作物は、作者が「著作権を放棄します」と明記することで、著作権を放棄することができます。
こうして著作権放棄された著作物は、パブリックドメインとなります。

有効期限を過ぎて失効した場合

著作権の有効期限は、「作者の死後50年」と著作権法で定義されています。したがって、作者の死亡した次のから50年たった著作物は、パブリックドメインとなります。
ただし、これには数多くの例外があり、実際には作者の死後50年が経過しても、著作権が存在しているものが数多くあります。
有効期限切れで失効した(と思われる)著作物の利用関しては、本当にパブリックドメインであるのかどうか、法律関係に詳しい方に相談するべきでしょう。

関連コンテンツ

パブリックドメインと複製・転載
パブリックドメインと商用利用
パブリックドメイン著作物利用の注意点
フリーソフトはフリーではない