無権利創作ライセンス

無権利創作機構 無権利創作ライセンス

前文

無権利創作ライセンス(以下、本ライセンス)は、著作権に縛られないコンテンツの利用を推進するべく、無権利創作機構(非法人)が提唱するものです。

定義

「準拠著作物」とは、本ライセンスに従うことが明示された著作物を指します。
「著作権」は、複製権、上演権、演奏権、公衆送信権、伝達権、口述権、展示権、頒布権、譲渡権、貸与権、翻訳権、翻案権、公表権、氏名表示権、同一性保持権、その他著作権及び著作者人格権に類するものの一切を含みます。
「作成者」とは、準拠著作物の著作権者全員(個人、法人を問いません)を指します。ただし、以下に定義する「例外部分」のみの著作権を持つものはこれに含まれません。
また、「特定の作成者」とは、作成者が複数存在する場合においては、その中の任意の1人、あるいは1法人を指すものとし、作成者が単独である場合は、その作成者を指すものとします。
「利用」は、複製、改変、二次創作、転載、販売、ソフトウェアの実行を含む、ありとあらゆる使用を指します。

本ライセンスは、作成者の指定した国家の国法(以下、準拠法)に準拠します。
ただし、作成者が準拠法を指定しない場合、準拠法は作成者の現住する(法人にあっては、その所在地の属する)国家の国法を指します。作成者が異なる国家に現住する複数人からなる場合は、そのいずれかの

なお、本ライセンスは、全世界的に有効なものであり、現在存在する、もしくは、未来に発生するすべての法域に適用されるものとします。

第1条 権利の放棄

準拠著作物には、以下の条件が適用されます。

作成者は、準拠著作物にかかる一切の著作権を放棄し、今後、永久に、いかなる法域においても、準拠著作物にかかる一切の著作権を行使しません。

また、準拠法やその他の理由によって著作権の一部または全部の放棄が認められない場合、作成者は、いかなる人、団体に対しても準拠著作物の全ての利用を、無条件に、永久的に許諾し、著作権に基づくいかなる使用料の請求も行わないものとします。

第2条 免責

準拠著作物は完全に無保証です。作成者は、明示、暗示を問わず、準拠著作物のいかなる品質も保証しません。
準拠著作物の利用、または利用しないことは、全てこれを行うものが責任を負います。
準拠著作物に関連して発生したいかなる損害に関しても、作成者は賠償責任を負いません。

第3条 例外

作成者が、準拠著作物の一部に関して、例外部分(引用部、本ライセンスを採用しない他者との共同制作部を含む)を明示した場合、その例外部分(以下、例外部)は、準拠著作物には含まれず、本ライセンスは適用されません。
この場合、準拠著作物を、例外部を含む状態で利用する場合は、当該例外部には、当該例外部の著作権の所有者が指定したライセンスが適用されます。

第4条 二次創作物

作成者以外のものによって、準拠著作物の一部または全部が改変、または組み込まれることによって発生した著作物(以下、二次創作物)に、本ライセンスを継承する必要はありません。

二次創作物の利用条件としてのライセンスは、二次創作物の著作権を持つもの(以下、二次創作者)が決定します。

なお、二次創作者が二次創作物について本ライセンスへの準拠を明示した場合、二次創作物は準拠著作物として扱われ、本ライセンスが適用されます。
二次創作者が二次創作物について本ライセンスへの準拠を明示しなかった場合、二次創作物は準拠著作物とはみなされません。

第5条 商標

準拠著作物のタイトルや、準拠著作物に含まれる固有の名称(以下、固有名称)のうち、作成者のみによって考案され、権利が作成者以外のものに所有されていない固有名称は普通名称として扱います。

第6条 特許

特定の作成者が準拠著作物に利用した特許のうち、その権利が当該の特定の作成者を含む作成者のみによって所有されているものについて、いかなる人、団体であっても、当該特許を準拠著作物の一部として利用する限りにおいて、自由に利用することができます。

第7条 パブリシティ権

準拠著作物に被写体(準拠著作物がイラストや像からなる場合においては、そのモデルとなったものを含みます。準拠著作物が音声からなる場合、これを演じた声優や歌手、楽器等の演奏者を含みます)として特定の作成者が含まれる場合、当該特定の作成者は、準拠著作物の利用に対して、パブリシティ権(当該特定の作成者の氏名または通称の、商標としての価値を含みます。)による一切の制限を設けないものとします。

補足

本ライセンスの全文は、本ライセンスに準拠します。 準拠法は日本国法であり、例外部分は存在しません。


2015/11/9 無権利創作機構